由緒

御祭神

幕末から明治維新にかけて国の為に殉じた水戸藩関係の烈士から、
先の大東亜戦争に至るまでの茨城県出身の御英霊 63,496柱

当社が建立するこの桜山は景勝の地であり、古くは「白雲岡」と呼ばれていました。
当初、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(烈公)はこの地に偕楽園を造営しようとしましたが、地形が狭いため、この丘には桜山のゆえんともなる数百の桜を植え、休息所として「一遊亭」を建てて、偕楽園の好文亭と相対させました。北崖下には直径2メートルほどの丸い池を掘って噴水を作り、「玉龍泉」と名付け、これも偕楽園の吐玉泉と対になっております。高低差を利用して作られた日本最古の噴水であります。
また当社鳥居前の小さな丘は丸山と呼ばれ、水戸藩第3代藩主徳川光圀公が中国東晋の詩人陶淵明の清節を慕って、「丸山淵明堂」を建て、中に陶淵明の木造を安置しました。その堂の壁には猩々の絵を描かせたので、「猩々堂」とも呼ばれたともいいます。
上述のように偕楽園の前景を彩る桜山に茨城縣護國神社は建立しています。

由緒

当護國神社は徳川幕府政府体制から、近代国家体制へと大きく生まれ変わろうとする時代、幕末から明治維新にかけて国のために殉じた水戸藩関係の烈士等1千8百余柱の御霊を御祭神として、明治11年、現在の水戸市常磐神社の境内地に、社名を「鎮霊社」として創祀されました。
明治10年の西南の役、日清戦争等による茨城県出身の戦役者の合祀がおこなわれ、広く全県下の戦没英霊の御霊を奉斎する神社となります。
日露戦争、日支事変等の戦没御祭神は日を追うごとに急激に増加し、創建当時の御社殿では狭隘となっておりました。
昭和14年4月、国の方針により各県下に英霊を奉斎する護國神社創建の事が決定し、これにより水戸桜山の現在地に建設が決定されました。
昭和16年11月、常磐神社境内の「鎮霊社」から「茨城縣護國神社」と改称し、盛大な遷座祭を斎行されました。
敗戦により昭和22年8月鎮座地の地名を「桜山神社」と改称しましたが、昭和29年10月「茨城縣護國神社」と復称、現在に至ります。

pagetop